HOME > 診療分野 > 傷跡整形術

 

現在医術身体傷跡完全してきれいにするのはできないがにあまりつきないように、さくさせることができます

身体上の傷で傷跡まで作らないで下さい。

手術後の3までは赤みが残っているが以降は肌色れてやわらかくなります。これまで紫外線遮断剤続的らなければなりません。

血腫炎症対称傷跡などの併症じることがあるので整形外科専門医との詳しい診察手術計必要です」

 

1)顔傷跡

我々身体の中で顔傷跡手術結果いところです。

らし方向えればにあまりつきなくなります。

大抵局所麻酔であり、通院治療をします。


 

2)胴体の傷跡

多くの力ける部位であるため、顔程結果がよくはないがにあまりつきないようにさせることができます。


 

3)火傷傷跡

大抵部位傷跡必要によって組織拡張器という水袋傷跡の周りの元一定期間にかけてふやかして育成し、傷除去してそのいます。