HOME > 診療分野 > シワ除去手術

 

老化めるにつれ皮膚組織弾力って垂れ下がり、返し顔面筋肉運動でシワを形成します。

小鼻から口元につながるシワ及びアゴののシワ、のシワは顔面挙上術(1)矯正し、前頭部眉間、目の周りのシワは前頭部()挙上術(2)矯正します。

血腫炎症対称傷跡などの併症じることがあるので整形外科専門医との詳しい診察手術計必要です」

 

1. 顔面挙上術

小鼻から口元につながるシワ、アゴの及び首の線のシワが対象であり、1のように切開して皮膚を持ち上げた後で皮下筋膜組織げたりって固定し、

あごの下部さい切開えて垂れ下がった首の線をハリがあるように固定した後で持げた皮膚をあごの線の方向にリフトしてからあまった部分してわせます。

全身麻又は睡眠麻3時間進行し、1日の入院をします。

創傷治癒及び術後の出血問題になることがあるので手術の一月前にタバコ及びアスピリン系薬品及びその他出血可能性があるすべての薬品断し、高血もあらかじめ調整しなければなりません。


 

2. 前頭部()挙上術

額シワ、眉間シワ、鼻っ柱シワ、目の周りのシワが対象であり、切開法や内視鏡法があります。

1)切開法

のように耳上方で頭皮切開えて皮膚皮下骨膜組織げた後でシワを筋肉をきってからまたに引っ張って残った部分切除した後で縫わせます。

手術後で大抵目のシワ除去手術に行います。(全身麻-2時間-当日で退院又は一日の入院)

2)内視鏡挙上術

のとおり45さい切開口って内視鏡じて骨膜下組織げた後でシワ筋肉をきってからげた組織若干引っ張って固定します。

(全身麻又は睡眠麻-1時間-当日で退院又は一日の入院)


 

3.リフト

頬のタルミがひどくなかったり切開の顔面挙上術負担になった々である場合頭皮2cm切開だけで特殊製作された糸を利用してリフトをします。

浮腫み1週以回復がはやい方です。


 

4. ボトックス

ボトックスは経遮断物質でシワ筋肉の運動してシワを除去することができます。

のような部位のシワに注射をして施術してその効果術後の1週頃から術後の56月間持します。

必要じて2次で施術して1よりない効果を得ることができます。

(酔不要-10-通院治療)


 

5.脂肪移植及び人工組織移植術

眉間目の周、小鼻、口元のシワなどの部位に自己脂肪腹部から採取して注入することによって矯正及び改善効果を得ることができます。

(局所麻-30-通院治療)

人工組織(レスチレン、アルロドム)上記シワ部位注入してシワ改善及び矯正効果を得ることができます。