HOME > 診療分野 > 輪郭形成術

 

額整形術 , あご先矯正術 脂肪移植術唇整形術

血腫炎症対称傷跡などの併症じることがあるので整形外科専門医との詳しい診察手術計必要です」

 

1.額整形術

側面輪郭線重要役割をします。

--あご調和してしい顔の構造であり、したがって鼻の整形術・あご整形術同時に行われたりします。

手術前に患者石膏で型を取った後でシリコーン模型って頭皮切開後で挿入・固定します。

睡眠麻又は全身麻1時間の手術で当日で退院します。


 

2.無顎矯正術

あごがさい場合、横顔の線(--あご)のバランスをとるためにあご先の補型物脂肪移植、フィラー等矯正できます。


 

3.脂肪移植術

又は頬、目の周など特定部位さかったり老化又はけがによりくぼんで行った場合に病弱えたりもっと老けてえることがあります。

こういった場合、自身腹部から若干脂肪採取して遠心分離機粋脂肪細胞だけを分離した後で小さい注射器利用して特定部位注入して顔の輪郭回復させます。

局所麻又は睡眠麻手術時間1時間以内であり、当日で退院します。

った脂肪冷凍保管し、必要じて2次手術の際に解凍後そのまま使います。


 

4.貴族(鼻翼基部プロテーゼ)整形術

小鼻のサイドがひどくくぼんだ場合、シリコーン補型物脂肪移植利用してリフトします。


 

5.唇整形術

があまりにもかったり貧しい場合

自己脂肪の組織移植人工組織で適切なサイズの整形します。

局所麻-1時間-通院治療

 

があまりにもきかったり場合

切除手術で適切なサイズの整形します。

(局所麻-1時間-通院治療)