HOME > 診療分野 > 脂肪吸引/腹部整形術

 

最近食生活及び生活習慣西欧化によって満体形人口がふえてきてこれを解決するための食事療法運動療法薬物療法手術療法などがわれています。

治療食事療法-運動療法-手術療法三角形関係たなければなりません。

 

食事療法-運動療法-手術療法の三つのどこかつに偏れば肥満治療成功しにくく、体重減量成功していてもまた肥にさらされます。

食事療法及び運動療法続的に行った方が肝心であり、手術療法では胃切除術脂肪吸引術腹壁形成術などがあります。

胃切除術により生命の危篤が予想される際に行われ、韓国国内ではめったにありません。

脂肪吸引術及び腹壁形成術体重減量よりは体形矯正、すなわち局所的にたくさん蓄積された脂肪及び垂れ下がった皮膚組織除去する手術です。


1.脂肪吸引術

脂肪吸引術身体特定部位である腹、背中、脚、、腕、顔面、首などに局所的脂肪がたくさん蓄積されている際に行われます。

脂肪吸引術はこの部位存在する脂肪細胞体積減少させるのではなくて脂肪細胞数そのものらすことで体重増加の際にまたその部位には肥えたりはしません。

現在多脂肪吸引機器されているがこれは手術者便宜のためのものであり、重要なのは手術者技術や経験です。

部位によっては振動吸入超音波吸入使ったりもします。大量吸入深刻併症くことがあるため、最大量4L以下制限します。

部位によっては睡眠麻又は全身麻進行し、当日で退院又は一日程度の入院をします。

めての1週間浮腫み減少めて活動をすることができます。

23週間が経過した後で感覚が戻り、アザがえて通常活動をできます(このようになるまで弾性下着着用します)


 

2.腹部整形術

腹部整形術腹部過度脂肪があったり腹部過度垂れ下がった皮膚がある場合妊娠及び老化腹筋くなってれたり膨らんでいる場合に行う手術です。

のとおり下腹部の最下部水平切開えた後で皮膚及び脂肪組織上方肋骨の下までスカトをげるようにげた後で垂れ下がった腹筋膜めてめてからまた皮膚及び脂肪組織下方いて余った部分皮膚及び脂肪除去した後でヘソの位置しくってからわせます。

両側の外側骨盤部位必要じて脂肪吸入同時に行ったりもします。

術後の初めての州がぎて浮腫みとアザが治まりめて23週間が過ぎて日常活動可能(このようになるまで弾性下着着用します)2ぐらいぎて鈍いめるじがえます。

以降からは手術の瘢痕めて1年以上が経過して全部れて完全にはません。