HOME > 診療分野 > 胸の整形術

 

乳房女性であり、母性です。

国女性さい体形比較的大きくない乳房持ち、特授乳以降にはきくなった乳房組織減少しながらハリをって垂れ下がっていきます。

一方、非正常的きい乳房腰痛して乳房部分皮膚疾患ができることがあります。

血腫炎症対称傷跡などの併症じることがあるので整形外科専門医との詳しい診察手術計必要です」

 

1. 拡大術

人工挿入物乳房組織又は筋肉下に挿入してさい乳房を適切なサイズの乳房拡大します。

挿入物種類食塩水とシリコーン(コゲル)などがあります。

20077から韓国国内でもシリコーンゲル(コゲル)補型物使用法的承認されて現在安全手術っております。

食塩水バッグやシリコーンゲルバッグ共に安全性側面では大差はなく皮膚組織食塩水バッグも関係なくて皮膚組織くて肌触りにこだわるにはシリコーンゲルバッグが良いです。

 

1)わきをした手術(内視鏡使って出血みを最小化します)

わきに34cm切開えた後で胸筋肉剥離して挿入物れて乳房拡大します。

術後の23日間は腕をかす際には痛みがあります。

全身麻進行し、当日で退院又は1泊の入院をします。

 

2)乳輪周辺の切開した手術

わき切開を希望しなかったり手術後の回復がはやく腕をかす際にもみがどなくて乳輪切開の部位もあまりにつきません。

全身麻又は睡眠麻進行し、手術時間1時間から1時間30分ぐらいかかり、当日で退院します。

 

 

<イブ整形外科乳房拡大術>

(1)FDA公認最高級製品(Mentorバッグ)だけを使ってMentor製品生涯にかけて品質(lifetime warranty)保障します。

(2) 患者によっては乳輪切開、わき切開法等ベスト手術法びます。

(3) チョンユンジェ院長国美容整形外科学会雑誌発表した内容
     (Aesthetic Plastic Surgery Publisher:Springer-Verlag New York Issue:Volume 24,Number 6 Date:November 2000)

     そのまま
手術します。

(4)患者の皆様の手術後の痛除去のために無痛治療の機器提供して肋間神経の遮断術後の痛みを最小化します。

(5)水滴補型物利用した胸の整形術手術します。



2. 乳房縮小術(巨大乳房)

1)乳輪周切開法

乳輪周切開するので術後の瘢痕がほとんどにつかなく、少量縮小適切です。

 

2)垂直切開法

女性未婚である場合には瘢痕最小化して多量の縮小必要場合乳輪周乳輪下部で乳房下のシワまで垂直切開だけで縮小を行います。

手術後の初めての乳房が引っ張れた気がするが二ヶ月目から自然になって手術部位の瘢痕は6ヶ月が経って肌色に薄れて後日にはほとんどにつきません。

 

3)T切開法

乳輪周乳房シワまでの垂直線乳房下のシワ線切開えて肥大した乳房組織除去します。

術後の瘢痕1経過しつつれます。

全て全身麻進行し、手術時間34時間術後の1泊の入院又は当日で退院します。



 

3.乳房挙上術(垂れ下がった乳房)

1)乳輪周切開法

乳輪周切開して術後の瘢痕がほとんどにつきません。

術後の初期には扁平えるが時間ぎながら自然になります。

 

2)T切開法

乳輪周の乳房シワまでの垂直線乳房の下のシワ線切開えて垂れ下がった乳房組織げて固定します。

術後の瘢痕1経過しながられます。

全て全身麻進行し、手術時間3時間で術後の1泊の入院又は当日で退院します。


 

4.乳頭整形術

1)陥没乳頭

乳頭陥没していれば授乳障害があり、衛生的くなくて皮膚疾患こすことがあります。

大抵術後にも授乳支障がなく、局所麻進行し、手術時間12時間ぐらいで当日で退院します。


2)
巨大乳頭

正常よりきい部分だけ切除してわせ、局所麻酔の手術時間30分で当日で退院します。


 

5.女性化乳房副乳

男性女性いサイズの乳房持った場合全身麻又は睡眠麻乳房組織切除します。

手術時間12時間ぐらいで当日で退院します。

正常位置ではないにできた副乳乳房組織乳輪・乳頭除去矯正して局所麻又は睡眠麻1時間ぐらいかかり、当日で退院します。

 

 

 

 

 


HOME > 診療分野 > 再建術

 

乳癌国女性のがんの中で3番目で珍しくない、外科的切除手術乳房組織一部又は全部損失した際に人工組織又は自己組織利用して外科的乳房切除術同時に又はその後の2次手術対側の乳房再建します。

もちろん再建をせずそのまま乳房切除手術の状態ごしても身体的健康には問題ないが乳房喪失による精神的悩み自信喪失体形変形による衣服着用時の気遣いなどを考えれば乳癌外科的切除手術後の長期間生存率疾患であるため、生活えていれば必要手術ではありませんか。

 

1. 組織拡張器及び人工挿入術 再建術

最近外科的乳房切除手術の際に皮膚保存して乳房組織だけを除去する皮膚保存乳房切除手術が行われるにつれ組織拡張器人工挿入物利用した再建がより簡単になりました。

乳房切除の際又は切除後の2次で線組織拡張器(水袋)れた12月間生理食塩水注入して皮膚及び筋肉組織拡張させた後で反対側の乳房たサイズの人工挿入物注入して乳房再建します。

必要じて同時対側の乳房縮小挙上又は拡大することもできます。

手術時間1時間前後全身麻又は睡眠麻進行し、当日で退院します。

挿入物患者によって肌触り及びを第一に考える場合、シリコーンを、シリコーンにする心配がある場合食塩水使用します。

組織拡張及び人工挿入物手術比較的簡追加傷跡がなく回復がはやい長所があり、自己組織利用した再建対的手術回復いが自己組織であるため、やや自然じをえることができます。

二種共に抗がん治療関係なくめ、がんの発発見影響えません。



2. 自己組織利用した再建術

1)広背筋利用した再建術

大胸筋肩下の背中側位置して皮膚組織を含めてのとおり内側移動させて乳房再建使われます。

比較的安全であり、体積対側よりさい場合さい人工挿入物同時追加したりもします(全身麻3日の入院)

 

2)腹直筋肉利用した再建術

のとおり腹部中央筋肉下腹の皮膚組織移動させて乳房再建です。広背筋手術より12時間ぐらいかかり、回復期間1週以上もかかります(全身麻5日の入院)



3. 乳頭乳輪再建術

乳房再建術後の2月が経過した際に乳頭・乳輪ります。

乳頭対側の乳頭半分って移植したり再建された乳房皮膚乳頭整形します。乳輪乳頭の移植の際同時又は皮膚移植って乳頭の整形の際には1月後で入又は皮膚移植をします。

局所麻進行し、手術1時間前後で当日で退院します。